stevens-clogging.com一覧

クラミジアってどんな性病?

クラミジアは、性行為によって性器感染する病気です。性行為以外の感染は非常に確率が低くなります。自覚症状には乏しいですが、女性の場合には不妊症や流産の原因にもなるので、心配であれば検査しましょう。治療は抗生物質で比較的簡単です。1週間から3週間程度で完治します。

クラミジアはプールで感染しますか

クラミジアの感染原因は主に性行為です。オーラルセックスやアナルセックスでも感染します。ところが、クラミジア菌そのものは生命力が弱いため、プールや温泉などからの感染は非常に確率が低いのです。感染を疑う場合には、こういったところは候補から外しましょう。

クラミジアと膀胱炎の違い

膀胱炎は女性の2人に1人はかかると言われているほど、良くある病気です。クラミジアと膀胱炎は症状が非常に似ているため区別がつきにくいですが、原因菌がまったく違うものです。クラミジアにかかったことに気がつかないことも多いので注意しましょう。

クラミジアは母子感染しますか

母子感染する性病として梅毒やHIVがありますが、これらは胎盤を通して胎児に感染するものです。クラミジアはこういった意味での母子感染はしませんが、出産時に産道感染するリスクがあります。そのため妊娠したら性病検査を受ける必要があります。妊娠中でも治療は可能です。

クラミジアは膀胱炎と異なります

クラミジアと膀胱炎は初期症状が似ていますが、クラミジアは細菌、膀胱炎は大腸菌が原因菌で、まったく違う病気です。女性は特に、初期症状が膀胱炎に似ているので注意が必要です。膀胱炎は自然治癒しますが、クラミジアは自然治癒することはありません。

クラミジアは治療薬を飲めばどれくらいで治る?

クラミジアの治療は抗生物質の投薬によって行われます。通常は1週間程度で済みます。使われるのは、クラリスロマイシンやジスロマックなどの抗生物質です。服用期間が長引くときには、何らかの問題があると考えて、セカンド・オピニオンを受けましょう。

クラミジアの男性の症状

男性はクラミジア感染で排尿時に痛みが出るという典型的な症状が出るケースが多いです。感染者の約半数に自覚症状があります。放置すると副睾丸や前立腺に炎症を発症して症状が出ることがあります。抗生物質で完治できる病気です。

クラミジアはずっと無症状の場合も

クラミジアは自覚症状が現れにくく、特に女性ではまったく症状に気づかないことが多い病気です。症状が出ても軽く、よくある身体の不調と考えがちですが、放置していると、子宮外妊娠や不妊症を発症することがあるので注意しましょう。

クラミジアにジスロマック

ジスロマックはマクロライド系のアジスロマイシンを主成分とする抗生物質で、クラジミアの治療に高い効果を発揮します。細菌の増殖を抑えることで症状が緩和し、細菌の寿命とともに死滅する作用があります。副作用の心配があるので食後2時間程度空けてから服用しましょう。