クラミジアは膀胱炎と異なります

クラミジアは細菌、膀胱炎は大腸菌が原因です

クラミジアは細菌感染

クラミジアと膀胱炎は症状が似ているため、クラミジアに感染してもすぐには気が付きにくいという問題があります。初期症状が現れても、それを膀胱炎だと思い込み放置した結果、病気が進行してしまうケースが非常に多いことが報告されています。膀胱炎は大腸菌によって引き起こされますが、クラミジアは細菌による感染でまったく違うものですが、おりものの量や色が変化したり、排尿時に痛みが出たりなどの症状は膀胱炎と同じです。下腹部痛が出ることもありますが、これも膀胱炎の症状のひとつです。膀胱炎は大腸菌が原因菌なので、放っておいても人間が元々持っている免疫作用で自然治癒しますが、クラミジアは細菌が粘膜に取り付いて増殖していく病気ですので、放置しても治りません。抗生物質や抗菌剤などの投薬によってしか治せない病気です。

女性は気づきにくい

クラミジアはクラミジア・トラコマティスという細菌が感染することによってかかる病気です。原因となるのは主に感染者との性行為です。感染すると男性は尿道に、女性は子宮頸部に異常を発生させます。男性は女性よりも尿道が長いので、尿道の炎症に気がつきやすいという一面があります。女性は子宮頸部に感染したクラミジア菌によって分泌物に異常が発生するため、おりものが黄色くなったり白っぽく濁ったりします。排尿時の違和感や痛みが発生することもありますが、男女ともほとんど感じないか、または軽いものであるケースがほとんどです。感染してから症状が出るまでの潜伏期間が短くて1週間、長いと3週間ほどかかるので、性行為をして感染したと気が付かないことが非常に多くあります。特に女性は、症状が出ないか、出ても軽いですし、膀胱炎と勘違いして放置してしまいがちです。

早めの検査を

膀胱炎だと思っていたが、放っておいても違和感が消えないとか、痛みが出ているなどの自覚症状があったら、すぐに医療機関に受診してクラミジアかどうかを診断してもらいましょう。女性の場合は産婦人科で検査できます。また、匿名で受けられる検査キットも販売されており、精度も高いです。検査で陽性なら、そこからすぐに治療を開始しましょう。抗生物質による投薬治療で治ります。女性は治療せずに放置していると、卵管炎や骨盤の疾患などの合併症を発症することがあります。卵管癒着を発症することもあり、子宮外妊娠や不妊症の原因となることもあります。感染したまま出産すると、新生児に感染してしまいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする