クラミジアはプールで感染しますか

クラミジアの感染はほとんどが性行為が原因です

主な感染原因

クラミジアに感染するのはほとんどが性行為が原因です。温泉やサウナ、プールなどで感染する確率は非常に低いと言えます。クラミジアは粘膜の細胞に住みつき、そこから別の人の粘膜に感染していきます。そのため、性器感染が最も多く、性行為によって性器が接触することによって感染するケースが最も多いのです。男女のセックスによっても感染しますし、オーラルセックスやアナルセックス、素股と呼ばれる行為でも感染します。直腸も粘膜でできているので、アナルセックスによって感染します。また、口腔感染も多いことが指摘されており、クラミジアに感染した性器をフェラチオしたり、クンニリングスしたりしても感染します。粘膜に取り付いたクラミジアは、細胞からのタンパク質の供給を受けて増殖して、身体の奥に侵入していきます。自然治癒することはほとんどなく、抗生物質の投与以外の治療手段はありません。

クラミジア菌は弱い

クラミジアの感染の大部分が性行為なのは、クラミジアの細菌の生命力が弱いことに原因があります。クラミジアは熱にも乾燥にも弱く、宿主である粘膜の細胞を離れるとすぐに死んでしまうほどです。そのため、感染者とのタオルの共有やお風呂の共有などで感染する可能性はゼロに近いほど低いと言われています。プールでも、クラミジア菌が感染者の身体を離れることはありえますが、水中にいったん出てしまえば生命力が弱いのですぐに死んでしまいます。まったくゼロではありませんが、感染者が入ったプールにつかったからと言って感染することは非常に考えにくいと言っていいでしょう。同じ性病であるHIVなどとは大きく違います。

プールを心配しなくて良い

クラミジアの感染は若い世代を中心に拡大しつつあります。その原因は、性の多様化によってオーラルセックスが一般化したことにあると言われています。若い人たちはオーラルセックスに対する拒否感が薄く、フェラチオやクンニリングスを当たり前のように行っています。クラミジア菌は、粘膜同士の接触があれば感染力は高く、性器から咽頭へ感染し、さらに咽頭から性器へと感染が広がります。とはいっても、クラミジアはプールや温泉などからの感染は考えにくく、あまり心配するには及びません。クラミジアに感染したということは、誰かと性行為を行ってそこから感染したと考えたほうがいいでしょう。潜伏期間は最長で3週間ほどあり、自覚症状も乏しい病気です。どこから感染したのかを考えるにあたって、プールや温泉、タオルの共有は候補から外していいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする