クラミジアの男性の症状

男性は排尿時の痛みが典型的症状である

男性は気づきやすい

クラミジアは自覚症状が乏しい性病ですが、女性に比較すると男性のほうが気づきやすいと言われています。男性は女性よりも尿道が長いからです。クラミジアの細菌は、男女ともに性器の入り口から侵入して部位に炎症を発生させながら身体の奥へと向かいます。初期は尿道炎を発生させますが、男性は尿道炎を発症すると排尿時に痛みが出たり、普段の状態でもペニスにかゆみを感じたりするため、気が付きやすい傾向があります。排尿時の痛みやかゆみは、性病特有のものであるため、たとえばカップルのどちらかがクラミジア菌に感染すると、男性から発覚するケースが多いです。男性では感染者のおよそ半数が初期の自覚症状があり、女性は約8割が自覚症状がないというデータがあります。

様々な特有の症状

男性に現れやすい症状は、排尿時の痛みや尿道部分のかゆみ、違和感、膿が出るなどがあります。膿などの分泌物が粘り気があることが多く、白っぽいものであるため、初期のうちに病院に行くことが多くあります。尿道炎が発症する程度であれば治療は楽ですし、治療期間も短く済みます。細菌は粘膜をつたって身体の内部に侵入していき、精巣近くに入り込むと、軽い腫れが見られることがあります。微熱を発するときもありますし、強い痛みが出ることもあります。副睾丸という組織に達すると、睾丸の裏側に痛みが出るようになります。自覚症状は睾丸全体の痛みとして感じられます。そのまま放置していると、痛みが拡大して、睾丸が腫れて赤みが出てきます。

前立腺に至ると排尿障害が起こることも

細菌が前立腺に至ると、炎症を起こします。小便が出にくくなり、出ても激しい痛みを覚えることがあります。慢性化すると痛みはなくなりますが、頻尿の傾向となり、残尿感があって小便を我慢できなくなるといった排尿障害が出る場合もあります。性行為を行うと射精時に痛みが出たり、性欲そのものがなくなったりすることもあります。前立腺は尿をコントロールするだけでなく、精子を作る大切な機能を持っています。なんらかの自覚症状が出たら病院に行きましょう。クラミジアは抗生物質や抗菌薬で完治できる病気です。前立腺炎を発症した場合には投薬治療は2週間ほどかかりますが、クラミジア菌は必ず死滅させることが可能です。自覚症状がなくなっても、菌が体内に残っていたら薬の服用を続ける必要があります。自己判断で服用を止めないようにしましょう。必ず病院で再検査したうえで治療を終えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする