クラミジアにジスロマック

ジスロマックはクラミジアに高い効果のある抗生物質である

マクロライド系の抗生物質

クラミジアの治療薬として良く用いられる薬がジスロマックです。特効薬とも言われており、短期間で高い効果を発揮します。成分はアジスロマイシンというマクロライド系の抗生物質で、ジスロマックという名称はファイザー製薬が付けた名称です。日本の性病のなかで最も感染者が多いと言われているクラミジアだけでなく、歯周病などの細菌がかかわる病気の治療薬でもあります。主成分であるアジスロマイシンは、クラミジアのタンパク質との合成を阻害して増殖を抑えます。クラミジア菌は他の細胞から栄養をもらって増殖する寄生性の細菌で、タンパク質の供給がなくなれば増殖できなくなるので、そのまま自滅して体内からいなくなります。このようなメカニズムの薬を殺菌薬と呼ぶこともあります。女性のおりものの量や色の変化、男性の排尿時の痛みといったクラミジアの症状は、細菌が感染部でタンパク質を合成して増殖することで発生します。感染した部分が炎症を起こしている証拠です。ジスロマックは患部に棲みついた細菌の増殖を抑えるため、細菌の寿命が尽きた時点で症状が治まります。

効果の持続性

アジスロマイシンのメリットは、従来の薬に比較して体内の吸収が良いという点です。1日に1回の服用を3日間継続すると、従来型の抗生物質を2週間ほど服用したのと同様の効果が上がります。また、アレルギー反応を発症する可能性が低く、たとえばペニシリンやセフェムといった抗生物質に対してアレルギーがある人にも使用できます。副作用も少なく、多くの病院やクリニックでクラミジア治療薬として処方されています。個人による海外からの並行輸入でも入手できますが、できれば病院に受診して処方箋で入手しましょう。

飲み方の注意

ジスロマックはクラミジアに対して非常に効果が高く、高い確率で完治まで至ります。飲み方は1日に1回ですので、できるだけ飲む時間帯を同じにしましょう。通常は1錠に成分が500mg配合されたものが処方されます。これを1日1回、3日間服用するという飲み方が一般的です。抗生物質に対するアレルギーや過剰反応がないと判断された場合には、1000mg配合されたジスロマックを1回だけ飲んで、クラミジアの細菌を一気に死滅させる方法を採ることもあります。飲むタイミングは食前でも食後でも構わないことになっていますが、まれに下痢や腹痛といった胃腸系の副作用が現れることがあるので、食後2時間から3時間ほど空けてから服用すると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする