クラミジアと膀胱炎の違い

クラミジアの原因菌は治療しないと治らないが、膀胱炎は自然に治ることがある

症状が似ている

膀胱炎は女性の多くがかかる病気のひとつで、2人に1人は生涯で1回はかかると言われているほどです。働く女性に多いのが特徴で、尿を溜めておく臓器の膀胱に炎症が発生するものです。たいていの場合、大腸菌が原因菌です。トイレを我慢しすぎたり、冷えやストレスによって悪化することが多くあります。この膀胱炎は、クラミジア感染と症状が非常に似ています。たとえばトイレが近くなることや、排尿時に痛みがあること、尿をした後のすっきりしない残尿感などは両者に共通しています。そのため、クラミジアにかかっているのに膀胱炎と思って放置した結果、病気が進行して子宮内膜や卵管に炎症を引き起こすこともあります。膀胱炎も放置していると、腎臓に負担がかかり腎炎などを発症することがあります。炎症が軽いときには、自覚症状が出ないことも多いので注意が必要です。

原因菌が違う

膀胱炎とクラミジアの違いは、原因菌です。膀胱炎は主に大腸菌によって引き起こされます。大腸菌は元々人間が体内に持っている細菌ですので、日数が経ることによって炎症が収まることも多いです。クラミジアの場合には、クラミジア・トラコマティスという細菌が引き起こす病気です。この細菌は、元々人間が体内に持っている細菌ではありません。粘膜の細胞に取り付いて自己増殖する性質がありますので、放置しても細菌は死滅しません。そのため、抗生物質や抗菌剤などによって治療しない限り、クラミジアは治ることはありません。

おかしいと思ったら

膀胱炎とクラミジアは原因となる細菌がまったく違う性質を持っています。治療はどちらも抗生物質を使用します。そのため、膀胱炎の治療と思って服用した抗生物質の効果でクラミジア菌も死滅することがあります。そうでない場合には、クラミジア菌をやっつけるための抗生物質を服用しなければいけません。クラミジアは女性にとっては不妊症や子宮外妊娠のリスクを高める危険な病気です。おかしいと思ったら必ず病院に行くか、検査キットを購入して検査してみましょう。クラミジアは感染しても潜伏期間が長いため、何が原因なのか不明になってしまうことが多くあります。性交渉によって感染したことに気がつかないケースも非常に多くあります。病院やクリニックを受診すれば、膀胱炎なのかクラミジアなのかを区別できますが、症状がどちらも深刻ではないため、受診しないまま放置してしまいがちですから注意しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする