クラミジアってどんな性病?

クラミジアは性行為によって性器に感染する病気です

主に性行為で感染する

クラミジアは、クラミジア・トラコマティスという細菌が粘膜に感染して発症する性感染症です。性行為によってこの細菌が男性の尿道や副睾丸、女性の膣や子宮に感染して、排尿時の痛みなどを発症させます。コンドームを使用しない性行為が最も多い原因とされていますが、フェラチオやクンニリングスなどのオーラルセックス、アナルセックスなどでも感染します。性感染症には他に梅毒や淋病などがありますが、クラミジアはそのなかでも最も感染者が多い病気です。食器やコップを共用したり、トイレやお風呂を共用したりしても感染する率はゼロに近いと言われています。男女ともに10代後半から20代を中心として100万人以上の感染者が日本にいると言われています。

症状に乏しい

クラミジアが拡大している要因として、自覚症状に乏しいという点が挙げられます。女性では特に薄く、放置してしまいがちです。男性であれば尿道のかゆみや排尿時の痛みなどがあります。女性で自覚症状が出るのは感染者の20%程度で、気がつかないうちに進行しているというケースが非常に多いと言われています。女性の症状としては、おりものの量や色の変化、下腹部痛などがあります。クラミジアは尿道炎や膀胱炎などの大腸菌による病気の症状に似ているため、放置される傾向が強いですが、大腸菌要因の病気と違って自然治癒することはありません。抗生物質によって投薬治療しない限り、治ることがないので注意が必要です。女性の場合、放置して卵管炎や子宮内膜炎などを発症すると、不妊症や流産の原因にもなります。

治療は難しくない

自覚症状に乏しい病気で、しかも放置しても治らないものでもありますが、治療そのものは抗生物質や抗菌剤を使うことで比較的簡単に治ります。早期に発覚しさえすれば、治療は苦しくありませんし、治りも早いです。感染している人とコンドームなしで性行為を行った場合、50%と高い確率で感染します。特に女性は重大な結果につながる恐れがあるので、心配であれば検査を受けましょう。医療機関で受診すれば保険が適用されます。保険に受診記録が残るのが嫌という場合には、検査キットを購入すれば匿名で検査が可能です。検査キットの結果は信頼性が高いので、安心できます。抗生物質の投薬で、早ければ1週間、長くても3週間程度でクラミジア菌は体内からいなくなります。完治したかどうかは、病院の再検査で判断しましょう。自己判断は禁物です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする